2021年11月26日

ギャンブルでもうけた時に申告が必要な金額はいくらから?


公的ギャンブルによって得た収入は、「一時所得」として課税されます。
一時所得は、年間での収入が50万円以下の場合、所得税の確定申告が必要ありません。

ただし、一時所得は費用計上できる範囲が非常に狭く、実際にその収入を得るのにかかった金額のみが費用として認められます。
例えば、100円で100万馬券を当てた場合、経費は100円のみとなります。馬券購入代などの費用は原則として計上されません。

年間の一時所得が50万円を超える場合は、所得税の確定申告が必要です。ただし、給与所得者で一時所得のみを得ている場合、
控除額として50万円の一時所得控除と、給与所得者の控除額20万円を2倍した40万円が加算され、
「90万円」まで確定申告が不要となります。

確定申告を行う際、住民税が増額される可能性があるため、会社に知られるリスクがあります。
このリスクを避けるためには、確定申告の用紙で「住民税を自己納税する」を選択しましょう。
これにより、会社への通知がされなくなります。


日本人の海外居住者の場合

旅行者や一時的な居住者ではなく、1年以上の海外居住者については

日本人の海外居住者の場合、所得税の内容は以下のようになります。

1. 日本国内での所得に対する課税
日本人の海外居住者であっても、日本国内で得た所得に対しては日本の所得税が課されます。
例えば、日本での不動産の賃貸収入や日本の会社からの給与などが該当します。

2. 海外での所得に対する課税
一方、海外で得た所得についても、日本の税法に基づいて課税の対象となります。
ただし、日本国内外で二重課税を防ぐため、日本は多くの国と租税条約を締結しています。
これにより、海外で課税された所得に対しては、日本で支払った税額を相殺するなどの措置がとられることがあります。

3. 税制特例や控除の適用
海外での所得に対しても、一定の条件下では税制特例や控除が適用されることがあります。
例えば、海外勤務手当や海外での教育費などが該当します。一定の金額までの所得については
課税の対象から除外されることがあります。

4. 確定申告の義務
日本人の海外居住者も、年間の所得が一定の金額を超える場合には、所得税の確定申告の義務があります。
ただし、海外での所得に関する課税ルールや手続きには注意が必要です。海外の所得源国との間で租税条約がある場合、
その条約の内容に基づいて課税されることがあります。

以上が、日本人の海外居住者の場合の所得税に関する概要になります。国税庁ホームページでも確認しましょう。
具体的なケース税理士や会計士などの専門家の助言を受けることが重要です。












posted by QUICKSPIN at 17:18| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月17日

賭け条件ありのフリースピンには夢がある



オンラインカジノ(オンカジ)では、カジノからプレゼントや、入金のご褒美がもらえます。
例えば50回無料でスロットを回わして、獲得した金額をボーナスマネーにすることができます。

カジノにもよりますが、ボーナスマネーは、もらった金額の20倍~40倍分を
ビデオスロットで使い続けると「現金化」する事ができます。


初心者の方は知っていても、それほど重要に思われないと思いますが、実は使い方1つで、負けているときや、
お金がない状態からでも大勝ちすることができるんです!!

この遊び方を初心者のうちにマスターすれば、長く遊び続けることも、儲けることもできるんです。

今回はオンカジ初心者の方に向けてボーナスマネーを現金化する戦法について詳しく解説します。

ボーナスマネーをもらったら、まずはもらった額の2倍以上の所持金になるように、少し変動率
が高いスロット機種であそんでいきます。

もし、この時点で失敗してしまっても、普通なので特に気にする必要はありません。

2倍以上にできたときは、自分が得意としている機種で1ドル~2ドルベットで消化していきます。

ほとんどのオンカジではボーナスマネーのベット上限が5ドルなので、気を付けるとともに消化していきます。

初心者の方にはスターバーストやゴルチケがおすすめです。ゲームプロバイダーでは設定差のないプロバイダー
を使うことをお勧めします。

たとえば、quickspin社もよいです。

終盤にかけてはなるべく変動率の低い機種をおすすめします。
フリースピンの現金化についてはオンカジ初心者には是非覚えてもらいたい
スキルです。

最初のうちは10回に1回以上できたら上出来ですが、自分の場合では6~7回に1回は成功させられます。
重要なことは楽しむことと、あきらめないことです。

こまかい内容は初心者のためのオンカジ講座内の
フリースピン(賭け条件あり)を使ってローリスクハイリターンを狙う戦法が参考になると思います。

ベラジョン、インターカジノ、遊雅堂では、「フリークエスト」というミニゲームでボーナスマネー
の獲得チャンスがありますし、カジ旅などでもフリースピンをもらえる機会があります。

スピンの利用方法をイメージして使えるようになると、お金を使わずとも勝つことが可能になってきます。
ぜひ試してみてください。







posted by QUICKSPIN at 01:35| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月20日

オンカジのルールについて


オンラインカジノ(オンカジ)には、しっかりと守るべきルールが存在します。

これらのルールを把握し、守ることは非常に重要です。
まず、知っておかねばならないルールの一つが「ロールオーバー1倍」です。

これは、カジノに入金した金額と同等またはそれ以上の金額を賭けない限り、資金引き出しを行うことができないというルールです。言い換えれば、入金した金額を一度以上賭けてプレイしなければならないということです。

ルール違反は、軽微な場合にはメールでの注意を受ける程度で済むこともありますが、重大な違反がある場合、カジノからの没収処分やアカウントの停止(出禁)といった措置を受けることがあります。

違反を回避するためには、カジノが設定した禁止事項について知識を深める必要があります。

また、特に遵守すべき重要な禁止事項がいくつか存在しますので、これらをしっかり把握し、守ることが大切です。
安全で楽しいオンカジ体験をするために、ルールは必ず守りましょう。


初心者のためのオンカジ講座では、オンカジでやってはいけないことを10項目にまとめてあります。

全オンカジに共通する基本的な禁止事項となっているので覚えてトラブルに遭わないようにしましょう。



今回は、10項目以外の禁止事項であるオンラインカジノにおける「目的外利用」について詳しく解説しましょう。

目的外利用に関するペナルティは、カジノによって異なることがありますが、最悪の場合、勝利金が没収されてアカウントが停止されることもあります。ここでは、目的外利用の主な例について説明します。


**1. 為替の操作**

これは少々特殊なケースかもしれませんが、プレイヤーが勝利金などをそのまま残高としてキープし、数カ月後に円安のタイミングで全額引き出すような行為が目的外利用に該当します。特に、最近まで円安が続いていた状況下では、為替による影響に注意が必要です。

米ドル(USD)を使用している場合、為替の変動が避けられず、2023年には周辺国での出来事によって大きな変動が生じる可能性もあります。また、出金申請を土日祝日に行った場合、金融機関の休業日の影響で、平日まで処理が滞ることがあるため、為替の基準価格が通常の取引と異なることも考慮すべきです。


**2. ポイントの不正取得**

カジノで貯まるポイントを意図的に増やすために、頻繁な入出金を行うなどの行為が目的外利用に該当する場合があります。ポイントの不正取得は厳しく取り締まられ、違反が発覚すると制裁が科されます。


**3. 娯楽以外の利用**

オンカジは娯楽を目的としたものであり、その他の目的での利用は許可されていません。娯楽以外の目的での利用が発覚すると、アカウントの停止や出入り禁止など厳しい措置が取られることがあります。
目的外利用はカジノの利用規約に違反するものであり、違反を防ぐためにはカジノのルールを十分に理解し、適切に利用することが不可欠です。安全で楽しいカジノ体験をするために、ルールを守りましょう。


今回は「オンラインカジノの目的外利用」について説明しました。

















posted by QUICKSPIN at 10:55| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする